ホーム>研修会

研修会

  • 2021年03月22日    研修「高齢者の尊厳と虐待防止」

  • 県内のコロナ警戒レベルが3になったため、3ヶ月ぶりの施設内研修です。
    テーマは「高齢者の尊厳と虐待防止」
    ケアの原点に立ち返るため、多くの職員が参加しました。
    リモートを使い、会場を分け、日程を分散し、合計50名以上が学びを深めました。
    FotoJet (13)

  • 2020年12月18日    メンタルヘルス対策研修

  • 産業カウンセラーの小林様を講師にお招きし、リモートを使い30名程の参加がありました。

     

    働く人の約6割の方が強い不安やストレスを感じています。

    コロナ禍においては、その状況が更に悪化しています。

     

    職場のメンタルヘルスケアをしっかり行うことが、ストレスの予防につながります。その結果、入居者様にも良いケアが提供できるのだと思います。

     

    「ストレスは、人生のスパイス」

    適度なストレスは自身や組織を成長させていきます。

    自身を知り、他者も知ることで、声を掛け合い、お互い予防ができる環境づくりをしていきたいです。

    FotoJet (11) FotoJet (12)

  • 2020年11月20日    ノロウイルス勉強会

  • 流行感染症はコロナウイルスだけではありません。

    例年これからの時期、ノロウイルスとインフルエンザが流行ります。

    実践を交えて体験型の勉強会です。

    スタッフ同士で確認し合いながら有意義な時間でした。

    FotoJet (6)

  • 2020年10月30日    権利擁護研修

  • 群馬県の権利擁護推進員研修に参加しているスタッフからの伝達講習です。

    改めて人権や高齢者虐待防止について学びを深めることが出来ました。

    1人のスタッフからの体験談で、母が入院中に体幹ベルトをさせられ、トイレに行きたくて声を上げていたのに、不穏だと病院看護師から言われた。母の人となりを知らない者から、なぜこんなことをされなければいけないのかと辛かったと。

    体験がより身近になります。

     

    身体拘束をしないことが、入居者の方々の尊厳を守っている。それが私達スタッフの誇りだという意見がありました。

    権利擁護を推進するために、私達の施設理念や目標が、組織文化に育ってきていると実感できました。

    FotoJet (5)

     

  • 2020年09月17日    介護施設に求められる接遇研修

  • 医療接遇トレーナーの松本様をお招きし、接遇の勉強会をしました。

    「言葉遣いは心遣い」
    マスクが当たり前の時代だから、笑顔とジェスチャーは3割増し。
    ネガティブをポジティブに言い換えるリフレーミングの手法も勉強になりました。

    口角アップの「いー」の語尾。「ハッピー!ラッキー!大好き!」は笑顔になる魔法の言葉ですね。
    明日から実践です(^ ^)

    FotoJet (3)